シングルサインオンのメリットを紹介!OSSで低コスト化も可能です

パスワード管理が楽になる!便利なシングルサインオン

複数のIDとパスワードをノートに書き留めて、持ち歩いていませんか?もしも落として、他人の目に触れてしまったら大変です。シングルサインオン(SSO)は、1組のIDとパスワードを登録することで、複数のWebまたはクラウドサービスへログイン可能となる仕組みです。複数のID・パスワードによる漏洩の可能性が減るだけでなく、複数サイトでの使い回しも削減できます。当然、パスワード忘れによる再発行の回数も削減されます。一方デメリットとしては、シングルサインオンのID・パスワードが漏れた場合、関連サービス全てに影響が発生します。また、システム停止で関連サービスにログインできなくなる可能性も否定できません。
シングルサインオンにはいくつか種類があり、中でもSAML認証(サムルもしくはサムエル認証)が注目されています。パスワードのやりとりはユーザーを介して行われ、認証サービスとクラウドサービス間ではSAMLのプロトコルで行われることから、非常に安全性の高いシステムと考えられています。
在宅勤務やリモートワークが増え、場所を問わない働き方への注目が高まる中で、クラウドサービスの利用が増加しました。長いパスワードでも一つだけ覚えればよい、シングルサインオンの利便性を検討してみてはいかがでしょうか。

シングルサインオンはOSSの一種!そのメリットをご存知ですか

OSS(オープンソースソフトウェア)は現代において欠かせないものです。ソースコードが無償で提供されているため低コストで高品質な物を自社開発できる可能性があります。今回はその一つ、SSO(シングルサインオン)はどのようなものか紹介します。
まず、シングルサインオンとは一つのIDとパスワードを入力することによって複数のソフトウェア、アプリなどにログイン出来る仕組みのことです。SSOを利用することによりそれぞれ個別にログインする必要がなくなるのでとても便利であると言えるでしょう。
また、セキュリティ面での強化も期待できます。今までアプリごとにIDとパスワードを変えてしばしば忘れてしまう、入力するのが煩雑であるなどの状況に出くわした事があると思いますが、そのような手間はSSOを取り入れることにより解決できます。
とても便利なものですが、一度IDやパスワードが流出してしまうと広まってしまう危険性も持っていますが、これを踏まえ、二要素認証といったワンタイムパスワードなどを用いる事により流出防止策も講じられています。SSO(シングルサインオン)の仕組みとしては、代理認証方式、エージェント方式、透過方式といった様々な方式があるので、運用面で最適なものを選ぶとよいでしょう。

OSSの一つ「シングルサインオン」でパスワード管理が簡略化

どのような業界のお仕事でも、毎日の業務の効率化とコスト削減に向けて、さまざまな工夫と努力をされていることでしょう。現在では、IT業界ではもちろんのことですが、それ以外でもパソコン作業は必要不可欠なものとなっています。パソコン作業では、いくつかのソフトウェアやサイトを平行して利用しますが、その際にユーザー認証などが必要になる場合が多く、これまでもパスワードやIDの管理に戸惑った経験がある方も珍しくないでしょう。
利用するサイトが変わる度に異なるパスワードを入力するのは面倒ですし、手間やコストも掛かります。シングルサインオンは、複数のサイトやソフトに一度のログインで互いを連携させて使用できるWEBシステムで、SSOとも表記します。シングルサインオンを活用すれば、一度のパスワードやIDの入力で複数のサイトなどを効率よく使えますし、パスワード管理のコスト削減にも役に立ちます。これまでシングルサインオンの導入を考えてこなかったという企業は、導入に関するコストや労力なども気になることでしょう。OSSの開発業者なら、シングルサインオンのソフトウェアのデモなどを公開しており、一定期間のお試し実装や操作方法を学べるセミナーなどを開いています。ぜひ活用して業務効率化とコスト削減に役立てましょう。

シングルサインオンの導入は【デージーネット】を活用しましょう。スムーズな導入を進められ、今まで以上のセキュリティを構築し、お手軽な作業を行えるでしょう。

人差し指を立てる

OSSをご存知ですか?自社に最適なソフトが低コストで用意できます

オープンソースソフトウェアはソースコードが一般的向けに公開されていて、インターネットで誰もが自由に入手し使用することが可能です。 最近では、OSSは個人から企業まで広く活用されています。カスタマイズが自由にできて、使い勝手の良いOSSはこれからも社会においてより広く使用されていくことが予想されています。OSSは自由に使用ができますが、ダウンロードするときの利用許諾条件については、同意してからダウンロードするようになっていることが多いです。自由に使えるといっても利用許諾条件はしっかりと確認してから使うことをお勧めします。OSSによっては商業利用を禁止するものもあります。利用条件をよく理解できないまま使用しないで、不明点は専門家にチェックしてもらうなどしてから利用すると良いで…

正しく理解しよう!OSSについて紹介

パソコン作業を行うには、さまざまな機能を持つソフトウェアをインストールする必要があります。ソフトウェアの中には、有料で製品として販売されているものも多くありますが、誰でも自由に無償で利用することができるものも中にはあります。その無償で利用できるソフトウェアの中で、ソフトを構成しているソースコードを公開しており、そのコードの改変も認められているものをオープンソースソフトウェアと言います。 オープンソースソフトウェアは、OSSとも表記され、さまざまな機能を持つものが全国的に展開されています。OSSは、無償で利用できるだけでなく、ソースコードが公開されているので、不具合やトラブルへの対処もスピーディーに行えますし、安全性や信頼性も高いものです。また、開示されているソースコードを…

OSSを導入するメリットには何があるのか

どのような業界のお仕事でも、現在ではパソコン作業は必須となっていますし、毎日の業務の中でさまざまな機能を持っているソフトウェアを使用しなければならない機会も多いでしょう。ソフトウェアはそれぞれに独自の機能を持っていますし、中には使用をする上でさまざまな制約がある場合や、多額の料金が掛かることも珍しくありません。 しかし、オープンソースソフトウェアと呼ばれるソフトならそのような心配や不安などは不要です。というのも、オープンソースソフトウェア、つまりはOSSと表記されるものですが、それらはライセンス無償で誰でも自由に使用することができるソフトです。業務上必要なソフトを導入する際には、ソフトの購入費用や導入に関わる作業などに対するコストが掛かるものですが、ライセンス無償のOSS…

ブランディングや改良をしやすいのがOSSの開発側のメリット

わざわざ自社あるいは自分で作ったソフトウェアをOSSにする理由は、ネットなどで多くの人に使ってもらうためです。オープンソースソフトウェアが1つの形態として認められたので、技術力を示してブランディングをするのに大いに役立ちます。企業やエンジニアにとってOSSを公開することは、立派なステータスです。 お金の心配をせずに試せるOSSは導入事例が多く、ネットを通してどんどん問題点の発見や改善の提案がなされていきます。このデータの反映だけでも、本来なら大金を積んで、専門の会社に依頼するべき話です。かつてはソフトウェアという財産を無償で提供するのは考えられませんでしたが、良い意味でルール化された現在では非常に有効な手段といえます。 自分の実績を示すという点でも、OSSの…